珍名辞典

アアアッア・アッアア氏(あああっあ・あっああし)

出席番号、1番しかなったことない。
声に出して読みたい日本人名。

あなたも音読してご覧、口の中がかゆくなるから。

井野健一(いの・けんいち)

イノケンチイ(Иннокентий)というロシア人名がある。

聖名目録(святцы)にも載っている、古式ゆかしい名。
原音との一致率は70%といったところか。

世界史に詳しい人はイノケンティウスという名に覚えがあるかも知れない。そのロシア語版がイノケンチイ。

上原杏奈(うえはら・あんな)

ロシア語でуехала Анна(ウイェーハラ・アンナ)といえば「アンナは去った」の意味である。名前が文になっているというのは珍しい。ウイェーハラは「去る」という動詞の過去形で、アンナという女性の名前に対応してちゃんと女性形の活用をしており、文法的に瑕疵のない完全な、かつごくごく自然なセンテンスである。

アンナのところは女性の名前なら何でもいいっちゃいいのだが(未希でも香織でも富士子でも)やはり望ましくはロシア人の名前としても通用するような、a音終わりの名前がいい。アンナとかマリナとかマリヤとか。

いずれにしろまぁ凡庸なギャグだ。このくらいちょっとロシア語かじった日本人なら誰でも思いつく。

雲丹下邪亞油(うにした・じゃあゆ)

これは現実には存在し得ない名だ。雲丹下はさておき、邪亞油がひどすぎる。創作物の登場人物向け。

「うにした(うにちた)じゃーゆ」とは、ロシア語で、「殲滅するぞ」の意である。(動詞уничтожать無に帰さしめる、の一人称単数現在形)

氏名がそのまま脅迫であるような名。「うにしたじゃあゆと申します」といって名刺を渡されたときは尻をまくってその場を逃げ去ったほうがよい。

浦中熱汰(うらなか・ねつた)

「ヤッターマン」の中の人。

ロシア語でUra Nakanetsta(Ура, наконец-то)とは「やったぜ、ついにやってやったぜ!」の意である。

これはかなりあざとい名前だ。自然には到底出てこない。浦中の家に熱汰さんが出てきたとしたら、名付け親はロシア語知識がある人(に入れ知恵された)と見てまず間違いがない。

柿家隆二(かきいえ・りゅうじ)

柿家と書いて<かきや>と読む姓は実際にあるらしい。でも入家と書いていりやともいりいえとも読むんだから<かきいえ>だっていないこともないだろう。

какие люди(カキーエ・リュージ)とは、ロシア語で「なんて人たちだ!」の意である。

原音との一致率は100%に近い。ロシア人に「柿家隆二と申します」と名乗ったら噴き出されることは必至である。

加来卓(かく・たく)あるいは角田拓(かくた・たく)

ロシア語でкак так(カーク・ターク?)とは、「なんでそうなる?」の意である。

つまり日本には、ロシア語で「どのように」「どんな」を意味する疑問詞と同音の苗字が、実に三種も存在するということだ。柿家(カキイエ)に加来、それから栫(カコイ)という姓も存在する。(それぞれкакие、как、какой)

イタリアでは女性の名にDonna(どんな)をつけて敬意を表すそうだ。Donna Annaってどんなアンナだよ、と日本人としてはツッコミたくなる。同じツッコミを、ロシア人が日本人名に対して行い得る、ということだ。

神父シンプソンさん(しんぷ・しんぷそんさん)

Simpson というアメリカ人の神父さんがいたら「神父さん!」と呼び掛けるときシンプソンというその名を、

「シンプソンさん」と呼び掛けるとき神父という彼の職業を、想わずにはいられないではないか。

竹里のの子(たけさと・ののこ)

「たけのこのさと」を並び変えると「竹里のの子」。字面がかわいい。

「きのこのやま」を並び変えると……これが難しい。「鋸乃木麻弥」というのを辛うじて思いついたのだが、もっといい案はあるだろうか?

多田尊々(ただ・そんだけ)

私には多田尊々という知り合いがいる。

そう言うと、あらゆる局面・部面において私に立ち勝りたい福田という友人が向こうを張ってきた。

「自分はもっと珍しい苗字の奴を知っている」
「ホウ。どんな」
多只田(たただだ)
「ホウ。ちなみにそいつ、下の名は?」
尊々

何丘イワン(なにおか・いわん)

この名前については何をかいわんやである。私(ブログ運営者・何丘)の本名だから。
なお、妻の名はエヴァ、息子の名は太郎という。

私:何丘イワン
妻:何丘エヴァ
子:何丘太郎

馬場知佳(ばば・ちか)

ロシア語でバーバチカ(бабочка)は「蝶」。

響きの一致率は98%ほどで、ロシア人が馬場ちかさんと知り合ったら「え!!それ我が国の言葉で《ちょうちょ》の意味ぃ!」と歓喜すること請け合い。

全国に数人いるだろう「馬場ちか」さんのうち、一体何人が、ほぼ全く同音の単語がロシア語にあることを知っているだろう?

堀疾人(ほり・しっと)

Holy shit(聖なるウンコ)とは、英語における悪態の一つ。
堀疾人、字面はカッコいいのだが……。

本当は「はやと」と読むのである。

昔野義実(むかしの・よしみ)

昔野という苗字がまずあり得ないのだが。

ありそで無さそな苗字、というのが好きなのだ。「何丘」しかり。

山口文太(やまぐち・ぶんた)

ロシア語でЯ могучий бунтарь(ヤー・マグーチイ・ブンターリ)と言えば「われ強力なる反逆者なり」の意味で、氏名が完結したひとつの文章になっている稀有な例。

原音からやや遠いのではないかと思ったが、妻(ロシア人)はウケてるので、多分だいじょうぶだ。

かつて山口県で日露首脳が会談したことがある。このときプーチンは「ヤマグチ?<われ剛の者>?」とチラとでも思っただろうか。

ちなみにプーチンのファーストネーム「ウラジーミル」は、無理に訳せば「世界征服」である。長門の温泉につかりながら「ふぃー・・。俺、強大なる世界征服者・・」と呟かなかったかどうか。問い詰めてみたいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました