オデッサの街中に住むとこ探す。

オデッサ

お部屋探しのシーズン到来。オデッサの街中一等地、海が近いあたりにいい賃貸物件を見つけたい。物件めぐりから入居までをゆる~くドキュメントします。(随時更新)

なんで住み家をコロコロ変えるか

19年夏からウクライナのオデッサいうところに住んでいるのだが、住むところをコロコロかえている。2年で5か所に住んだ。詳しくはオデッサ移住2年の住まい遍歴(団地、街、ダーチャ)

基本的なサイクルとして、夏は「団地」と「ダーチャ」で過ごす。それ以外の季節は「街」に住む。

↑「団地」。

↑「ダーチャ」。母屋の二階からの庭の眺め。

究極&理想の住居があればこんなコロコロはしないわけで、どれも一長一短ある。「団地」はまぁ不自由もないが面白みがない。「ダーチャ」はのどかな農村の一軒家で夏はサイコーだが冬寒くて住めない。そしてこの「団地」と「ダーチャ」は妻の両親の持ち物で、私からすると義父母と半同居みたいなことになって若干窮屈である。

その点「街」は私たち核家族だけで独立生活を送れて、しかも歴史建造物・文化イベント・海に囲まれてステキなのだが、夏になると人混みがひどいのと家賃などが値上がりするのとで快適度が減じる。なので秋~春だけ住む。こうして上記サイクルが完成する。

↑オデッサは黒海沿岸の港町&リゾート地だが、そのことがちゃんと感じられるのは「街」だけだ。オデッサの海について⇒ 夏のオデッサの観光地としての魅力(のなさ)について

引っ越しが多くても大丈夫なワケ

私たちがこんなふうに数か月単位でちょこちょこ住み家を変えられるのには2つの理由がある。第1に、私も妻もパソコンひとつあればどこでも働ける。第2に、こちらの賃貸は基本的に家具・家電つきで、引っ越しに手間と費用がかからない。

後者についてもう少し詳しくいうと、家賃3万円以上なら、下記は最低限ついている。

家具:ベッド、ソファ、テーブル、椅子
家電:冷蔵庫、洗濯機、WiFiルーター

電子レンジとかアイロン&アイロン台、掃除機がついてることも多い。

ちなみに、敷金・礼金みたいなのは一応あって、敷金は家賃ひと月分(基本的に退去時に返ってくるものと期待していい)、礼金は家賃ひと月分の半額。もとが安いので別に痛くない。

何をどんなふうに探すか

①どんなふうに探すか

ウクライナ版メルカリことolxというサイトで探す。古本から不動産までなんでも売ってる。

↑不動産のセクションで、オデッサ州・オデッサ市・沿海地区と選んで、あとは好みのエリア・価格帯・間取り・階数で絞り込みをかけてく。

↑一覧。いい物件あったら貸主に電話して、内見の日を取り決めて、内見して、んで決める。

ちなみにこの市場はめちゃめちゃ流動的なので、内見の約束は「今日または明日見学に行きたいんですけど」というスピード感。月曜に「土曜見に行きたいんですけど~」とか言おうものなら「じゃ金曜電話してくれる?」と返されること必至。内見して気に入ったなら両日中(なるべく当日中)に「気に入りました、ここに決めたいと思います」と連絡、じゃ明日契約書を交わしましょう、契約書を交わしたら、その翌日か翌々日には入居である。クリーニングとかは入らない、現状のまま引き継ぐ(しばしば灰皿に大家の吸い殻が残っている)

②何を探すか

私たちは次の条件で物件を物色してる。まずエリア。

ビーチに降りやすく公園(タラス・シェフチェンコ公園)が近く閑静で、かつ街にも出やすい(たとえばポチョムキンの階段に近い)赤丸のあたりに狙いをつけてる。

家賃は3万円~4万円(7500UAH~9000UAH)の見当。

その他条件↓

⑴1Fないし2Fであること⑵1Fの共用スペースにベビーカーを置けること⑶車通りに面していないこと⑷採光がよいこと⑸十分に広いこと(キッチン浴室を除く床面積が最低50㎡)⑹近代的なリフォームが入ってること(旧市街なので築は軒並み古い)⑺ゴキの世界に通ずる「ゴキの穴」が塞がれていること

あればなお可↓

⑻浴槽⑼電子レンジ⑽バルコニー

おっと絶対条件。2歳の子供を受け入れてくれること。……とまぁ、このような条件で探しております。

物件①黒海通り3万2000円(9/19)

画像

9月19日、今季最初の1件見てきた。黒海通りの古い建物、2階建ての2階、家賃は3万2000円。

立地★★★★☆

立地は理想に近かった。黒海通り(улица Черноморская)はもともと好きな通り。車通りが少なく気持ちよく歩ける。上のストリートビューでいうと、左手に美しい建物が並んでいて、右手は崖下すぐ海。ひとつも信号も渡らずに大きい公園に出れてビーチに降りれる。スーパーが遠いのが難点だがチャリあれば問題ないかと思われた。

お部屋★★★☆☆

まー悪くはないんだけど……。写真ちょい見てみよう。

СРОЧНО Евроремонт 2 комн ПАРК Шевченко ВСЕМ с ЖИВОТНЫМИ, детьми Свобод

↑居間。公称55平米(キッチン風呂を除く)だがウソだと思う。手狭に感じた。

画像

↑寝室。バカでかいベッドでもう部屋が一杯。ベッドもあんま気に入らなかった。

СРОЧНО Евроремонт 2 комн ПАРК Шевченко ВСЕМ с ЖИВОТНЫМИ, детьми Свобод

↑キッチン。コンロが四口なのは良し。シンク狭くない?収納は十分、電子レンジなし、コンセントの多さ謎。

СРОЧНО Евроремонт 2 комн ПАРК Шевченко ВСЕМ с ЖИВОТНЫМИ, детьми Свобод

↑バルコニー。中庭に面してる。まー一応こんなものもあります、くらい。

総合評価★★★☆☆

私は抜け作で評価が甘いので、正直立地の魅力で「まーここでもいいかな」と思ってしまったのだが、妻が「うーん、ボロい、なんとなく窮屈で圧迫感、なんかいけてない」と手厳しく、お部屋探し第一弾でいきなりこことは決めかねる(もっといいのがあるだろう)という心理もあり、見送ることにした。

あと、目立ったマイナスとして、建物の入り口にベビーカーとチャリを置く共用スペースがない。スーパーの遠さを考え合わせるとたしかにこれでは厳しいかな。

物件②フランス並木通り3万6000円(10/2)

2х-комнатная квартира, Центр

10月2日、今季2件め見てきた。石畳のフランス大通りからちょっと入ったところ、スターリン時代の建物(いわゆるсталинка)、ビーチへのアクセスは最高レベル、家賃3万6000円。

立地★★★★☆

オデッサは高台の街でビーチにアクセスできるポイントが限られている。そこいくと本物件はほぼ直線距離でビーチに降りられて、これ以上の好アクセスは考えにくいほどだ。私たちはどうせ秋~春住むだけだから別に海水浴するわけではないが、私が海が好きでなるべく毎日浜に降りたいのと、太郎がまた砂遊びが好きなので。スーパーはじめ生活インフラも手近で、立地はかなりよい。

お部屋★☆☆☆☆

しかしお部屋は全然お話にならなかった。

↑キッチン兼リビング兼廊下みたいな中途半端な空間。右手の窓の高さが地面の高さである。つまり、ここは半地下。

左手のドアをくぐると……

↑寝室がある。やっすい風景写真が飾られて。窓がない。

んでこれと並行して、もうひとつの寝室がある。まさかのダブル寝室。

↑ここにも窓がない。なんと本物件、窓は最初の写真のキッチンの高窓のみ……。

2х-комнатная квартира, Центр

↑いかにも簡易な水回り。そしてボイラーはこの住戸専用のものがなく、上階に住む大家のボイラーで焚いた温水がこっちにも流れてくる。つまり、大家が気まぐれにあたたかい水を使い過ぎてしまうと、私たちはシャワーも浴びれない。


olxの物件紹介ページでは「4F中の1F」とあったが実際は半地下、「キッチン風呂を除く床面積70平米」とあったのも明らかに過大申告、紹介写真はうまいことアラが目立たないように撮られていた。どうせ内見で全部バレるのに、なんでウソつく必要がある? ビーチのシーズンに一日いくらで借りるのはいいかも知れないが、長期居住に耐えるものではない。これで3万6000円とるのはナメてる。

大家★★☆☆☆

大家は珍しく若い女だった。30代半ばくらいか。黒髪のウクライナ美女って感じだ。だがとんだ曲者であった。

まず、約束の時間に待ち合わせ場所に現れない。3分待って電話する。出ない。7分でまた電話する。出ない。Viberでメッセージ送る。「着いてます」。すると「今行く」とだけ返事。それから10分くらい経ってやっとお出まし。濡れ髪であった。「こっちよ」。いや、謝らんかい!!

お部屋に通されて1秒でクソ物件であることを見抜くも一応儀礼的に一通り見るふり。こういうとき自分たち専用の言語チャンネルを持ってることは便利だ。大家に理解不能な日本語で「ここクソだね」「見たことないヒドさ」などクサしてると、まぁよくあることなのだが、「旦那さんはどこの人?」と私の身上に興味を持たれる。「日本です」というと

こんにちは。

どうぞよろしく。

と日本語で。こんにちははともかく「どうぞよろしく」がよく出るなと思ってその知識どこからと問うと、実は前仕事で日本に行ったことあるの、クルーズ船のアテンダントをしていた(オデッサ国立海洋大学出でそういう仕事につく人は多い)、東京、沖縄、長崎、あ横浜も行ったことある、日本はとても美しい国、また行きたいです。

それで別れしな、こんなこと言うもんだからびっくりしちゃった。

ねえ、友達に独身のいい日本人男性いたりしない?もしいたら紹介してよ。日本に住みたいの私。もし誰か思いついたら連絡してね。

私はすぐさま日本の友人数人の顔を思い浮かべたがまさか彼らに全ての仕事と係累をなげうって得体のしれないウクライナ女のためにオデッサ来いとは言えませぬ。

総合評価★★☆☆☆

大家との関係も大事なので、15分待たされた時点で「ないな」「でもま、せっかく来たから一応見てこか」てなもんだったが、お部屋入った瞬間間取りその他のあまりのダメさに逆にもう面白くなって、素敵な殿方紹介してねのくだりを経たあとでは奇妙に爽やかな満足感さえ覚えた。これだから物件巡りはやめられない。

コラム「中央暖房」

Эксперт рассказала, как можно решить проблему с нормативами на отопление в  старых домах - Парламентская газета

お部屋探しの途中だが、ここで中央暖房の話をしたい。10月に入って朝晩の気温がひとケタという日が続き、中央暖房の開始に期待が高まった。

中央暖房ちゅうのは、ロシアらへんの国の都市部で一般的な、一か所で大量に熱水を作って、それがパイプラインを通じてアパート各戸の温水暖房装置(上図)に配給される仕組みのこと。寒い日が続いて「中央暖房の季節だな」と当局に判断されると、各戸には強制的に温水が供給され、その暖房費は居住者の負担となる。

つまり、大家視点でいうと、中央暖房が始まったにも関わらず入居者がいないとなると、その無人の部屋に勝手に届く温水の代金を、大家は無意味にお上に納めなければならない。それはいやだから、多少家賃を下げてもと、入居者探しを急ぐようになる。

というわけで、温水暖房の開始に向かって不動産賃貸は借り手市場になっていくのである。以上コラム「温水暖房」の話。

物件③ガガーリン大通り4万円(10/18)

【関連記事】
私たちの暮らし⇒ オデッサ移住2年の住まい遍歴(団地、街、ダーチャ)
私たちの海⇒ 夏のオデッサの観光地としての魅力(のなさ)について
私たちの恐怖⇒ ウクライナに2年住んでて怖かった体験3選

コメント

タイトルとURLをコピーしました