何丘、ラップ楽曲制作への道yo

ひとつライム(韻)を思いついた。

プリンセス

不親切

・・天才?

何丘はもしかしたら韻踏みの天才かも知れない。よっしゃ一丁、ラップ楽曲制作してこましたるわ。

韻「プリンセス 不親切」について

えーと、NHKの人形アニメ「プリンプリン物語」て知ってますかね?
あ、「ひょっこりひょうたん島」なら、世代を問わず知ってますよね。あんな感じのやつです。

そのオープニングテーマがこれだ。

石川ひとみ「プリンプリン物語」

この1:06~のパートの替え歌を思いついた。

Go Go Go Go、不親切。

Go Go Go Go、不親切。

不親切、不親切、With Love

ときどき親切、

いつもは不親切、

不親切 プリンプリン。

そう、原曲の「プリンセス」と、替え歌の「不親切」は、母音構成が全く同じなのだ。

プリンセス:U・I・N・E・U

フシンセツ:U・I・N・E・U

こんなすごいrhymeを思いつくなんて、俺はもしかしてラップの天才では?

……これが、ラップ楽曲作ってみっかと志めばえた経緯だ。

まずぁ手本見せてくれ①呂布カルマ

先に言っとくが何丘は日本語ラップに興味がない、全然知らんのだが、

最近「呂布カルマ」という人の曲がカッコいいと思った。

たとえばこの「俺の勝手」どうだい。

[PV] 呂布カルマ – 俺の勝手

サビの部分ちょい抜きだしてみよう。

バケツ持たされて廊下に立ってた アイツはきっと分かってた
オレは何も考えず椅子に座ってた 真っ黒な黒板に向かってた
いつの間にか大人になってた 憧れに自分を重ねた
オレはラッパーになってた 自分の歌歌ってた ここに立ってた

こう見ると韻とか言って、別段のこともない。ただ「タッテタ・カッテタ・ワッテタ・カッテタ……」と畳みかけてるだけだ。

もう一個聞いてみよう。これもすごいカッコいい。「オーライオーライ」

[PV] 呂布カルマ – オーライオーライ

これも歌詞ちょい見てみようか。

宝物を隠すように生い茂った草木
車道の隅 黒ずみ 硬くなった雪
まだ一向に読めない明日の風向き

キの音で行末を揃えてるだけだ。あと、「隅、黒ずみ」てところが心地いいリズムになってますかね。
いや、ゆうて、そんな手の込んだ韻踏みでもないでしょう。

まずぁ手本見せてくれ②鎮座DOPENESS

ちんざ・どーぷねす。知ってますか。
何丘もよく知らないんですが、なんかすごく上手く聴こえるラップをする人です。

大好きなこの曲を。KIRINJIフィーチャリング鎮座DOPENESS。

KIRINJI – Almond Eyes feat. 鎮座DOPENESS

曲名は“Almond Eyes”ですか。浮遊感。歌もラップも映像も超カッコイイ◎

歌詞(ドープネスのラップ部分)をちょい抜き書き。

その黒髪 たなびく度
鼻を抜けて上がる花火
見抜く眼差し 僕ら串刺し

髪、度、花火、差し、刺し……と、A音+I音で脚韻してるほか、

・「たなびく度」におけるT音とB音
・「鼻」と「花」
・「見抜く眼差し」におけるM音とN音
・「見抜く」「僕ら」「串」におけるK音

子音の反復を細かく織り込んでいる。なるほど芸が細かい。
またDOPENESSがキーになる子音を強調して発音するんで(「たなびく度」のとこ聴いてみてね)、字面で見るよりハッキリと耳には反復が聞こえる。


……ていうか、マ?
ラップってここまでやんなきゃいけねえの?

まずぁ手本見せてくれ③THA BLUE HERB

レぺゼン札幌、ブルーハーブの神曲「路上」。
基本的に日本語ラップ聞かない、むしろ苦手という人(何丘もそう)も、さすがにこれはスゴイと思うと思う。

THA BLUE HERB 路上

どうやったらこんなの書けるんだ?トラックもヤバすぎる。

さて、歌詞見てみようか。文学性はさておき、韻踏みの面ではDOPENESSほどの超絶技巧はないと思うが。

5gで1万
スキーに渡すのが1000×5gで5000
残り5000
スキーに借りた金が1000
次の仕入れ分が500×4で2000
残った2000ルピーそこそこが俺の儲け
到底割に合わねえ この5年

とりあえず「せん」「せん」の畳みかけが気持ちいい。

別に歌詞の中でここまで細かく計算してみせる必要はない。
それに、このスピードで暗算されても、聞いてるほうは頭がついていかない。
でも耳には気持ちいい。目まぐるしい数字の交代に酔う。これも一種のラップの技術ではないか。

(参照:同じTHA BLUE HERBの「Ill beatnik」という曲のフレーズ「1日1cmつ進む、5日で5、1年で365、キャリア5年で18m25ものスコアを叩き出すことができるっていう寸法だよ」)

路上 諦めきれない表情
笑わない妹 落ちない泥
弱者で満載の水が漏るボート
空腹の象徴 おお 路上

「路上」「表情」「象徴」はいいけど、それに「妹」「泥」「ボート」を合せてO音で脚韻踏んでますって顔するのは厚顔つうか、稚拙っつうか、え、ラップってそんなんでいいわけ?

韻踏みの技術まとめ

先輩諸氏(呂布カルマ、鎮座DOPENESS、THA BLUE HERB)から学んだこと。

  • 基本は脚韻(行末の母音を揃える)だ
  • 脚韻の大構造の内部にさらに微小な押韻構造があるとよい
  • 同じ子音を反復登場させる(高等技術)
  • ライムの内部で計算式を展開する(リスナーを煙に巻く)
  • 内容いいこと言ってれば韻はあんま頑張んなくても成立する

さて、そんじゃ、ラップ書いてみっか。

よう、よう、よう、ちぇきら。

プリンセス不親切。安普請ハクビシン。

韓非子。楊貴妃。眠る参議院。

維新前進、ガムラン・ラザニア。

俺はそこに立ってた。朝焼けが来るの祈ってた。

ルアー投げてた。剥きエビ。ラッパかっぱらってた。

太陽の下で万札数えるの楽しい。

一枚で一万。二枚で二万。

二万が二枚で四万。残り五千。

安普請が四件で二万。残った八万が俺の手取りだ。

安普請ハクビシン。よう、不親切なプリンセスだな。

噛んだな。なんだな。オマエ居残り決定な。

クレヨンしんちゃん読み返しな。そこに答えは書いてある。ピース。

コメント

タイトルとURLをコピーしました