日記(7/27~8/2)

自分について知る

毎日必ず書く。本ブログ運営の裏話とか、オデッサ(ウクライナ)での生活、義母との確執、群魔との角逐、一歳児の養育、妻(ロシア人)との愛活。何よりも何丘がいかに終わっているか、を日々綴る。

8月2日(日)

もう2時だ。最後の力をふりしぼってこの日記を書く。というか最後の力が垂れ流し的にたらたら流出していくその流れた跡が今日付けの日記としてここに残るであろう。
本日は……つうわけで今日は何やったっけ、とは素晴らしき歌い出し、奥田民生の「サラウンド」という曲だ。平和の鐘は何色、てフレーズを広島の平和記念公園で思い出して涙ぐんでしまった。そのころはまだ何丘にも心があったのだね。今はもう涙ぐむということもない。奥田民生が同郷人であるというのはどういう感じがするものか、それを感じるためだけに一度広島県民に生まれ変わってみたいものだ、ある知人(広島の人)は「奥田民生は私たちにとって特別な存在」だと言っていた。つうわけで今日は何やったっけ。午前から昼過ぎにかけて懸案の「ロシア憲法」の記事を完成させ公開した。いまだ閲覧者ゼロ人てどういうこと。難しい内容だからせめて入口ポップにしようと絵まで描いたぜ。しかし絵を描くのは楽しいぜ……欲しいぜ、絵を描くガジェット。私は本当はもっと描けるのだ。それでもうひと記事、うちの庭いまこんな感じですってやつを写真ぱっぱ撮って添え書き適当に書いて、即製した。閲覧者ゼロ。
それで水曜からやっていた翻訳の仕事をさっき、深夜1時までかかってやっと終え、翻訳会社に送った。日本時間朝9時、つまりこちらの3時が締め切りだった。うー、これで4万5千か。来週たぶん同じだけ働いて、それで合計9万ほどになる案件である。時間だけとられる歓びのない仕事。なるべくこんな仕事はしたくない。ブログを書くことそのものがたつきとなるならば。私にとっての「好きなことして生きていく」の実現である。書くことだけは私は……好きなのだ。
どうしたら閲覧者を爆増させられるか。正直、これをやればきっととは思うがでもやりたくないのだ、という事柄も多い。今から何が可能か。今から何なら、私はするのか?

8月1日(土)

この「日記」を自分で読み返してみると、ブログの更新、慣れないTwitter、翻訳の仕事とやら、また家事・育児と、終わっている終わっていると言いながらなんですか、わりと頑張っているじゃないか何丘、ちゃんと生活をしているじゃないか何丘。そのように読める。が、それは単にそのように書いているからそのように読めるだけだ。実際はもっとひどい。私にも等しく与えられている24時間という一日の時間は虚無と腐敗で虫食いである。私の生活の中の僅かな輝き、一応まぁ書くに値するかなと思われる部分だけを拾い集めて並べ直したのがこの日記だ。この日記は私の生活の清華なの。清華・オモテが個々の記事だよ。清華・ウラがこの楽屋トークよ。
今日は土曜日で家事の全部と育児の半分を義父母に預けられるから翻訳のお仕事とブログの更新をバリバリがんばるぜぃ!と息巻いて、気炎を上げて、いたのだが、見ての通り本日公開の新記事はゼロである。
なんか、アレがきてしまったのだ。
年に数回、頭がへんになって眩暈が起きる。「世界が回る」と呼んでる現象なんだが、文字通り、家の中で座っている私または家の外を歩いている私を中心に世界が天地を失う。たいへんに気持ちが悪い。私はもう予兆を感じ取るに敏なので、今日のそのとき私は座位であった、座って机に向かって翻訳の仕事をしていた(嘘。wordにやくたいもない文章を書いていた)ら、世界がインセプションな感じで半分傾いてきてて、やばいアレだ、と思ってすぐ横倒しに倒れた。目をつぶる。見なくても世界がグルグル回転してるのがわかる。たいへんに気持ちが悪く、吐き気がする。汗が噴き出てくる。過ぎるのを待つしかない、妻にそばに来てほしいと思ったが妻は所用で庭に出ていた、庭は深い、呼んでも届かないくらいに。うーうー唸っていたら、うふ。そのような20分くらいの修羅場があって、そのあと世界の回りは収まるのだけど、なんとなく再発こわさと頭なんとなし重たさで、なお3時間くらい仰臥した。

昨日のアンパンマンが受けたみたいでTwitterのフォロワーが7人になった。フォロバというやつをするべきなのだろうか。
夕方の散歩でまた田舎らしいのどかな、日本ではちょっと見られないだろう光景をおさめた動画が撮れたが、やはり内容が夕方であれば、こちら時間の撮れたて新鮮ではなく、日本時間の夕方に合わせて投下するべきなのではないか。そう思い、今日はつぶやきせず。明日のこちら時間正午日本時間夕6時くらいに投下してみよう。
明日こそはブログの記事を2本3本書いてやらあ。

7月31日(金)

美しくそして気立てのよい私の妻(ロシア人)に対して「相手がいやがるようなことをわざとする」ならぬ「相手が興味のないことを、そうと知りながら一方的に話して止めない」、そうである、私がきょうの朝食時、妻にアンパンマンのことを語って聞かせたというのは本当だ。そのあと皿を片付けながら「ええい、今の内容をそのままブログに書いてやれ」と思い立ち、で書いたのが「ロシア人の妻にアンパンマン語ったら反応が面白かった」という記事だ。まんま現実に行われた会話である。もちろん「ピロシキ」のところ、本当は単数でпирожокと言ったのだが。
そのあと太郎(一歳の息子)を連れて散歩に行った。市場に寄ったので中の様子をちょっと撮ってみた。青果コーナーを動画にとり、炭酸水の自販機(定めしソ連時代の遺物)を写真にとり。こんなもんレトロ好きキッチュ好き異国情緒「異貌のリアリティ」異世界転生譚好きにはウケるに決まってるのだが安定のゼロいいねであるのは、私がきちんと人のいるところにツイートを投下していないからなのだ、無魚の沼に釣り糸を垂れているのである。
散歩中、そうだ昨日のニュース、ゴーゴリの家が改修されるとか何とか、あれも記事にしよう。「オデッサニュース」と称してTIMERになんかニュース種あれば悪即斬の精神ですぐ記事にする。それもう決めでいいじゃない。そう思い立ち、帰って早速履行した。「オデッサニュース:半壊の「ゴーゴリの家」修復へ?」と題する記事。昔写真とっといてよかった。今もう街なんか全然行かないから。
翻訳の仕事は今日かなりサボってしまった。ええと登録してる翻訳会社からひとつ大き目の仕事引き受けていてそれスタートしたのが水曜で。水木わりと頑張ったのだが今日はついブログばっかやってしまった。明日明後日の土日は家事育児を義父母に任せられるので翻訳終わらせるのは勿論(日曜夜が期限なのである)ブログも旺盛に書くぞ。①フィギュア女子について書く。②ロシア憲法改正いい加減やっつける。③北方領土もいったらぁ。んで④果樹園レポート第二週もやって、日曜は⑤「今週のYouTube」やって、さらに⑥「エクストリームキャプテン翼」できたら満点だ。ハイ眼高手低の何丘で~す。
7月終了!!農業、校長、そして手品!

7月30日(木)

蒸し暑い日だった。冷房を入れた。
晩飯にビールを飲んで眠くて仕方ない。

プロシア人との戦いの歴史を整理してみよう。
先々週、彼らの侵入経路を特定し、これを塞いだ。
先週一杯かけて、既に家の中に入っていたプロシア人を皆殺しにした。「撲殺と毒殺、どっちがいい?」現れた者は殴り殺し、隠れている者は毒殺した。
今週、既に家の中で産み落とされていた卵から、プロシア人の子供たちが孵った。ニコッ、「▲■と★■、●●●●●●●■●●●?」現れた者は■し、現れない者のためには新たに毒薬を設置して回った。
(残虐な内容なので伏字を使用しております)
このような歴史的過程を私たちは辿っている、と思っていた。問題は確実に解決へと向かっている。げんにホレ、もう出てくるのは子供たちばかりではないか。
と、そう思っていたのだが。昨日今日、大人の個体をけっこう見ている。
私たちはまだ勝利とは程遠いところにいるのではないか? ひょっとすると「侵入経路を特定し、これを塞いだ」というところから既に怪しいのではないか?
遥かな気持ちだ。島崎遥香がユーチューブをやっていたことを今日知った。現実とは何なのか? 真実はどこなのか?
「一匹見たら三十匹はいると思え」というのは真に恐るべき言葉だ。おそらくは真実であるから恐ろしい。目を覆いたくなる真実をあからさまに言ってのけた至言。
晩飯のとき久しぶりにビールを飲んだ。義父のワインが大量にあるのでなかなか他のものを飲もうという感じに普段ならないのであるが、今日は暑い日だったので妻の方が所望した。「おい何丘、わたしはきょうビールを飲みたいぞ」。それで買ってきて例によってTwitterでフォロワーの皆さんに「お買い物の報告」をした。「こんなん買ったデ。〇〇円でしたデ」。そのツイートには詳細を書かなかったが瓶ビールは一本(500ml)僅か60円である。安すぎん!? пивной напиток でなく пиво と書いてあるので、分類としてはれっきとしたビールである。日本で500ml缶の一番搾りったらコンビニで250円である。もう日本のビールの味なんか忘れてしまったが、この約4倍ほど美味かったのだろうか、と思いながらウクライナご当地ビールを啜っていた。
今日はブログは全く触らなかった。昨夜の妻との北方領土をめぐるトークをまんま記事にしても面白いかもしれない。NHKの石川一洋解説委員が拡散してくれるかもしれない。あと、ロシアと日本の「動物の鳴き声」のききなし比較の記事も作ってみたい。犬は日本でわんわん、ロシアではガフガフ、猫は日本でにゃあ、ロシアでみゃお、のたぐい。ハリネズミはロシアではふがふが、日本では?
だみだ、眠すぎる。0時11分。

7月29日(水)

今日はちゃんと今日の日記を今日書く。
朝方は「人間になりたい虫」の夢を見ていたと思う。そしたら子供が騒いで、

そのあとしばらく記憶がなく、昼食はペリメニを焼いて食った。
そのあとまたしばらく記憶がない。

夕食はカルボナーラを作って食った。私的には大失敗、でも嫁はウマイウマイと言って食う。遥かな気持ちだ。ビートルズの A day in the life でポールのパートからジョンのパートに切り替わるときみたいな「現実て何? 現実て何?」てな眩惑だ。
食後、北方領土問題について妻と話した。妻はロシア人だが別にデリケートな話題とは思わない。いま何丘はこのブログでロシアの憲法改正について記事を書こうとしておりその中でこの問題について一歩考えが進んだような気がしていた。「領土問題の解決法についてアイデアがあるんだけど聞く?」キーワードは<道義的権利>だ。日本には四島返還を求める<道義的権利>がある。んでロシアにはそれを拒む<道義的権利>はない。「うるせえ、諦めろ!」と妻。「道義的権利はない!」と私。
今日は家事育児の合間はキホン翻訳の仕事ばっかやってた。なのでブログはお留守だったが、常にブログのこと考えてはいるので、書きたい記事が溜まっていく。「プロシア人」との闘争について記事にしたい。「ロシアから見たドイツ」というテーマも思いついた。「使いたくない日本語」第二段も内容が熟してきた。あとは「何丘のブログ大学エクストリーム漫画」第二段第三段、早くやりたいな。今週末できるといいが。題材は、ひとまず「キャプつば」と「るろ剣」でいこうと思ってるよ。

0時30分、だめだもー眠い。

7月28日(火)

やれやれ、私は何という男だ。何丘ってアナタ一体どういう奴なんでせう。昨夜も晩飯後手もなく牛の睡りに落ちこんでしまった。今回は別に停電などなかった。晩飯食って、ワイン飲んで、横になったら意識が霞んだ。「私の夫ってアナタ一体どういうやつなんでせう……」遠のいていく妻の声。
つうわけでこれ書いてる今は7/29の朝9時。
7/28はどがあな日だったかいうと、まずプロシア人たちとの闘争が激化の様相を呈している。プロシア人というのは当地で出るゴキブリのことである(詳しくはコチラの記事を)。盛んに床を這いずり回り手あたり次第のものを口に入れる一歳児がいる我々にとってゴキは揺るがせにできない問題だ。さてゴキ退治にあたり我々は物理的手段と化学的手段を用いる。まず、発見した個体は物理力で排除。悪・即・斬の精神で、発見し次第踏み潰す・押し潰す。で、隠れている(だろう)連中は、化学的手段により抹殺。これは毒薬の塗布・配置による。
奴らは依然として相当に数が多いようなのだ――義父母の払った多大な努力にも関わらず。正直いってこういうことこそAIにやったもらいたい。お掃除ロボットってあるやん、スイッチ押したら床全面すみずみまで勝手に動いてってお掃除してくれる。そがあな感じに自ら動いてってゴキ悪即斬してくれるロボットおったら。
ブログの方はロシア憲法改正について一本まとめようと苦闘していた(言いたいことは①改正の焦点はなるほどプーチン王朝延命なのだろうが、にも関わらず、国民投票での賛成多数による可決は必ずしも「ロシア国民がプーチン支配を望んだ」ことを意味しない②「投票に不正があった」とする西側の批判には意味がない③今回の改憲で北方領土返還交渉はほぼ暗礁に乗り上げたと言ってよい)のだが、夕方、嫁が子供連れて伯母宅へ出かけていったのをいいことに、ユーチューブ三昧やってしまった。ガッツリ2時間ユーチューブ見た。これでやる気が完全に腰折れして、以後はオナラしたり鼻汁すすったりして一日を終えた。
今日(7/29)から忙しくなる。登録している翻訳斡旋業者から珍しく大型の案件がきた。9万円くらい手に入りそうだ。そのかわりしばらく忙殺される。幸せだ。やりたくないことをやらなければならないなんてなんて俺は幸せなんだ。

7月27日(月)

21時に子供を寝かしつけ晩飯食っていよいよ静かな大人の時間ださぁ書くぞ、ブログだブログだ、というときに停電。停電はウクライナでは何の理由もなく警告もなくただ起こる。電力供給不安定なる途上国。にしても、オーイ、こんなタイミングで来るかーい。電気ないとやることないのでちょうど食後まもないときでありワインもちょっと飲んでたし食ってすぐ寝ると牛になるという牛タイム、牛変化欲求ピーク、「牛化慾」、えーと人間の三大欲求「豚化」「猿化」で「牛化」慾ですか、そいつが発動して要するに寝た。「あーあ、わたしの夫が牛になっていく……」そう嘆く妻の声がだんだん遠くかそけくなっていった。でつから寝たのはまぁ22時としよう。で起きたのが今朝9時である。11時間!!大人が平日寝ていい長さじゃない。つうわけでこれを書いているのは7/28午前10時である。
7/27(月)はどんな日だったかというと、ダメダメな日だった。7月の2のつく日は「な・に」つまり何丘の日ということで何丘のパフォーマンスが年間最大高められる日であるべきなのに、いろいろあって前日3時寝・7時起きだったため終日眠くて眠くて、家事育児のあいま30分~1時間の仮眠を3回取ったのだが当座リフレッシュできても何時間かするとまたどうしようもなく眠くなった。私の年代(30台半ば)できちんと働いて家族を養っているような人は4時間しか眠っていなくてそれでも頑張らなければいけない日などざらにあるであろう。翻って私は仮眠とりとり脳にも身体にもいささかも負荷のかからない日を送りながら22時には牛の眠りに入っていってしまった。
ブログは全く触らなかった。それでも数人が「日記(7/20~26)」の記事を訪ねてくれていて申し訳ない。日記を見てくれている人がいるというのが実は一番嬉しい。
土日は家事の全部と育児の半分を義父母が担ってくれる。ので一日2記事作成・公開できた。日曜公開したのは「何丘のブログ大学「エクストリーム『封神演義』」」「【YouTube】今週見ておもろかった動画7選(7/26)」であったが、一日の閲覧者が各3人・5人と、私のブログとしては初速が良かった。やはりエンタメか。漫画とかユーチューブとかそういうのが引きが強いか。そらそうよな。というわけでロシア憲法改正がらみでひとつネタあったのだが「こんなん書いてもどうせ誰も読まねえよな」と思い、制作を見送った……というか考え中。今日やっぱやるかも。思いついたことは片っ端からやっておくべきなのかも。
あと嬉しいのは、上記2記事のあとで、Twitterのフォロワーが6人に増えた。なんだろうな、この方たち、何を何丘に期待している?こいつおもろいこと言うな、こいつフォローしたらおもろいことあるな、と思ってくれてるんだろう。失望させたくない。6人が5人に、4人になるということは悲しい。手放したくない。
とりあえず新たな試みとして買い物したら買ったものとレシートを写真にとって「こんなん買って〇円でした」てのを必ずツイートする。これがその第一号にゃ。外国の物価とか生活感とか興味ある人は興味ある。ウクライナ……というか、ある外国で、どんなモノがいくらで売られているか。たとえば何丘だってウガンダのスーパーで日本人がふだん何を買っているか興味がある。ウガンダという国に特別興味が無くても。
フォロワーのことを考えた時に、あまり呟かな過ぎても「こいつ何も言わねえなつまんねえな」と思われ離れられそうだし、かといって余り呟き過ぎても「うるせえな」と思われて切られそうだ。特にこちらは時間帯が日本時間+6でありこちらの夕方6時は日本の深夜0時である。よく知らないけど私が呟くとフォロワーさんの枕元の携帯がふるえるんでないの。ふるえないの?ふるえないならいいんだけども。
(以上を書いた後こどもの散歩に行きまして結局13時に公開じゃ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました