ロシア人には日本語が難しい vol.2:書き順

国語

何丘の妻はロシア人である。

日本語上級者である。

だが時に、すごい基本的な質問してきて、何丘をぎょっとさせる。
今回の質問はこうだ。

「カタカナの『ヒ』て書ける?」

南を甲子園つれてって。あと「ヒ」て書いてみてカタカナで

私はすぐさま理解した。あ、これ書き順の話やな。

ガイジンであり、かつ左利きである妻は、筆順にうとい。

いや私の知識もたいがいあやふやだが、さすがに「ヒ」のレベルではつまずかない。

「ヒ」だろう。甲本ヒロトの「ヒ」。人生で一万回書いてきた。余裕だ。

どうだ。

妻が言う「えっ、そこからですか?」

妻いわく、自分が聞きたいのはそこではなかった。あなた(何丘)は前提からして間違っている。一角目は横棒だよ。

言われて私、ウソだあ。寺門マヒトの「ヒ」でしょ。人生で六万回書いてきたよ。

で、調べてみたところ、マジであった。

横棒からであった。終わっている

妻「聞きたかったのはそこじゃなくてぇ、」

なんでも、私に「ヒ」と書かせて本当に妻が試験したかったポイントは、「ヒ」の横角が左起点か右起点かということだったらしい。
つまり、

こうか、あるいは

こうか。

私は「当然左起点だ。横棒は左から右に書くに決まってる」と言うのだが、それに対する妻の反論がふるっているじゃないか。

妻「だってカタカナの『ヒ』は比較の『比』とかから来てるんでしょ、比較の比は右から書くじゃん」

たしかに……! さすがN1(日本語検定1級)保持者……!

調べてみた。「ヒ」の正しい書き順は……

んで調べてみたところ、まず小学館のサイトが出てきまして、

https://sho.jp/sho1/9942 より拝借

やっぱ左から右だそうだ。

んで、次、「ペン字いんすとーる」というサイトによると、

・小学校の教育では左から書く

・書道では右から書く

https://cumacuma.jp/eq/eq_index/hi-kakijun/

なるほど。

学校では一貫性のため「横棒は左から右へ」という方便で通しているが、
毛筆で美しく書くのには右からが適している、ということらしい。

一言でいうとどっちでもよいということになりそうだ。

ロシア人妻の書き順に文句があったら言ってごらん

実際、こんな記事立てといてなんだが、
書道家でもないんだから、形さえなってればどう書いたって構うもんか。

つうわけで、以下、妻に五十音を一通り書かせてみたうち、何丘が「おや?」と思ったものを紹介するが、

誰か何か文句ある人います? ……私? 私はこれで全然問題ないと思うよ。



【関連記事】
シリーズ第一弾はこちらじゃ。星野源とのコラボレーション。
→ロシア人には日本語が難しい
シリーズ第三段はこちらじゃ。イタリアに留学に行ったりしている。
→ロシア人には日本語が難しい vol.3:時制

コメント

タイトルとURLをコピーしました